慌てず騒がず血走らず
粛々と競馬の予想をいたします
第26回平安ステークス&第80回優駿牝馬回顧の巻
0

    第26回 平安ステークス  G

    京都 ダート1900メートル

     

    はずれ

    展開読み大間違い

     

    第80回 優駿牝馬 G

    東京 芝2400メートル

     

    はずれ

    …カレンブーケドール

    後付けでは出てくる出てくるプラス要素

    …あれどちらも12番人気だ!!

     

    さぁ競馬の祭典ダービー

    昨年はダノンレミアムで惨敗

    ブービー人気が粘りました

    オークスと同じように好位粘り込みありそう

     

     

    Posted by : 黒兎 | 回顧 | 21:43 | comments(0) | -
    第80回優駿牝馬予想の巻
    0

      東京 芝2400メートル G

       

       

      軸馬指名は【ダノンファンタジー】

       

      混戦断ち切るは二歳女王

      有力処では一番の好枠と読む

      若駒×中内田×川田

      樫の戴冠を予感

       

      対抗に クロノジェネシス

      姉の戴冠も後押し

      異色のバゴ×クロフネ

      先々も非常に楽しみ

       

      単穴に シゲルピンクダイヤ

      奇数枠、正面スタンド

      テンションの高さが懸念材料

      渡辺薫が惚れ込む素質馬

       

      気になる馬で ウィクトーリア

      勝利の女神が馬名由来

      前走出遅れからのあの競馬…

      体重戻せば波乱の女神になり得る

       

      以下

      △ ラヴズオンリーユー

      ✕ シャドウディーヴァ

      ▽ エールヴォア

      注 コントラチェック

       

      印回らず高配当使者に、親子鷹メイショウショウブ

       

      Posted by : 黒兎 | 予想 | 03:20 | comments(0) | -
      第26回平安ステークス予想の巻
      0

        京都 ダート1900メートル

         

         

        軸馬指名は【サンライズソア】

         

        継続騎乗田辺裕

        ここまで重賞で後手を踏むとは…

        スタートさえ決めれば

        昨年覇者、人馬合わせて復活を期す

         

        対抗に オメガパフューム

        この馬にマイルは合わぬ

        距離延長のここが狙い目

        もっと人気は落ちると思うが…

         

        単穴に ジョーダンキング

        この馬に蛯名正は合わぬ

        岩田康に手綱が戻り

        重賞馬券内…確率は高い

         

        気になる馬で アナザートゥルース

        強者相手に重賞制覇

        流れ次第では連勝も期待

        今回も馬具に注目か

         

        以下

        △ チュウワウィザード

        ✕ マイネルユキツバキ

        ▽ ロンドンタウン

        注 ハイランドピーク

         

        ある意味怪物…サトノティターンには印回らず

         

         

        Posted by : 黒兎 | 予想 | 00:00 | comments(0) | -
        第80回優駿牝馬展望の巻
        0

          東京 芝2400メートル G

           

          中央競馬を代表する主要コース

          スタート地点は正面スタンド前直線

          平坦のホームストレッチから

          ゴール板を通過、コースをぐるり一周する

           

          1角まで直線400メートル

          コーナーに差し掛かると緩い下り坂

          ここでの位置取りが非常に激しくなる

          その後は基本的にスローで流れる傾向

           

          450メートルある長いバックストレッチを通り

          3角手前で緩い上り坂、4角にかけては下り坂

          最後の直線は530メートルと非常に長く

          途中、高低差2.1メートルの急激な坂がある

           

          緩急2種類の坂が連続し、

          非常に長い直線が特徴

          コーナーが緩やかで、幅も広く

          馬群がごちゃつく心配は無い

           

          スローペースからの瞬発力勝負も

          勝つ為にはある程度の

          ポジション獲りが必要となり

          好走には騎手の腕も非常に重要となる

           

          チャンピオンを決するコースらしく、

          スピード、スタミナがバランスよく求められ

          馬の能力が大きく反映される

          タフなコースである

           

          重厚な血統か

          軽快なスピード血統か

          内を通れる馬、特に2枠の成績が良い

          またノーザンファームグループは外せない

           

          Posted by : 黒兎 | 展望 | 23:21 | comments(0) | -
          TOP