慌てず騒がず血走らず
粛々と競馬の予想をいたします
<< 第55回函館記念回顧の巻 | main | 第51回函館2歳ステークス展望の巻 >>
第67回中京記念展望の巻
0

    中京 芝1600メートル G

     

    1角から2角にある

    斜め引き込み線からのスタート

    スタート後まもなく左にカーブし

    本線に合流する

     

    向正面直線途中まで緩い上り坂

    3角手前で緩やかな下り坂に入る

    3角から4角はすべて下り坂で

    最後の直線へ

     

    そこから100メートルの間に

    2メートルも駆け上がる急坂が待ち構える

    中山競馬場に次いで傾斜がきつく

    また直線は400メートル以上、かなり長い

     

    その為、差し、追込みが非常に有利

    また芝質の影響か非常に時計が掛かる

    持ち時計の速さは、中京においてプラスにはならず

    瞬発力の必要なタフコースである

    Posted by : 黒兎 | 展望 | 23:14 | comments(0) | -
    スポンサーサイト
    0
      Posted by : スポンサードリンク | - | 23:14 | - | -
      コメント









      TOP